着物葵にご訪問ありがとうございます。
お直し

帯芯って?帯芯交換の見積もり

帯芯と帯芯交換

着物葵にお問い合わせをいただきました、帯芯交換のお話です。

少しでも着物でお困りの際にヒントにしていただけたらと思います。

帯芯とは?

帯の芯として帯を仕立てる時に中挟み入れる布のことです。

絹、綿、化繊などの種類があります。

帯に帯芯をどうして入れるの?

・帯地に適度な張りをもたせ、しめやすくなる。

・型崩れを防ぎ、よれるのを防ぐ

・発汗等による湿気を吸う吸湿効果、埃などを吸う効果

・生地の傷みを和らげる効果

・綺麗に仕上がる

帯に帯芯入れなくてはだめ?

洒落袋帯など普段着で着られる場合は、しめられるのに特に不都合がなければ入れなくても大丈夫です。

ただ、芯が入っているほうが型崩れしにくく、帯芯を入れないと布ですのでふにゃふにゃしてしまいますので、帯芯を入れると締めやすいかと思います。

ふにゃふにゃしてるということは、両側の縫い目がずれて、ねじれなどもおこりやすくなります。
こうなると生地を傷めてしまうことにもなります。

帯の寿命や美しさを考えますと帯芯を入れていただくことをお勧めいたします。

後から芯だけ入れる事も出来ますので、もし古着屋などリサイクルなどで買われて気になるようであればご相談下さい。

古いアンティークの丸帯や袋帯など強いしわやしみが付いている場合は、洗い張りなどが必要な場合があります。

帯芯交換の御問い合わせと回答

 

袋帯の芯を替えていただくことは可能ですか?
仕立て代、裏地代、芯代など含めて お幾らくらいでできますか?
着物葵
着物葵
帯芯の交換は可能です。

袋帯の芯ですが、そのまま変えると汚れが目立ってしまいますので、
まず丸洗いをさせていただいた上で、解きましてお仕立てさせていただく形になります。
いわゆる洗い張りですね。

料金ですが、
丸洗い¥3,800円 + お仕立て代(芯込み)5,000円 + 解き代¥1,000円 になります。

お高くなりますが、専門の職人がお仕立ていたしますので、綺麗に満足のいくお仕立ていたします。

このほか、疑問などありましたら、何なりとご相談下さい。

またご質問などありましたらお気軽に御問い合わせください。

※こちらは一例ですので、お客様のお着物を見せていただいた上で、お見積りをさせていただきます。お見積りは無料ですので、安心してご相談下さい。

あわせて読みたい
着物お手入れ処 着物葵ロゴ
ご依頼・お問い合わせ 着物葵にご依頼、お問い合わせはご気軽にどうぞ。 着物について詳しくお知らせいただけますご依頼はこちらをご利用ください。 ...

 

京都50年 京の職人技
着物 葵 あおい工房

URL : http://www.kimono-aoi.com
E mail: info@kimono-aoi.com