着物葵にご訪問ありがとうございます。
kimono

秋の着物の楽しみ方 ~10月の着物~

着物 秋

秋はみじかいですが、9月は薄物~単衣、そして10月は袷になってまいります。

半袖から長袖に変えていくイメージですね。9月~10月初旬に薄長袖。

10月初旬~分厚い服に変えていくイメージですね。

着物は、10月~5月が分厚い長袖=袷になります。

10月になりましたら、暑い日もあるかと思いますが、単衣から袷に変えていきましょう。

 

10月の着物

10月~5月は、袷(あわせ)の着物を着用します。

袷の着物は、表地に裏地を縫い合わせて仕立てられ,

裏地は、着やすいようにすべりの良い羽二重(織物)などを用いて

裏身頃(うらみごろ)、裏袖、裏衿、裏衽(うらおくみ)を胴裏(どううら)、

裾の部分には裾回しや八掛(はっかけ)などに仕立てられています。

留袖・訪問着などは、表地と同じ共布(ともぬの:同じ生地の切地)で仕立てらます。

袷に仕立てないウールや木綿の単衣は、この季節に最適と思います。

10月のお色

秋の色は、実の色が好まれ、落ち着きのある朱系統、黄系統、茶系統、墨色、小豆色、朽葉色、茶系、黄土色、青紫などが多いです。

10月のお柄

菊(初旬から10/24の霜降頃まで)、とんぼ、紅葉(霜降以降)、銀杏、りんどう、すすき、紅葉、木の実、菊、蔦(つた)、落葉、稲穂、葡萄、柿、秋祭り、笛、太鼓、稲、雀、鳴子、葦(あし)、かりんなどです。

10月の生地

紬、お召し、綸子、縮緬を着用することが多いです。

10月の帯

織帯、縮緬の染め帯などが季節に調和します袋帯、名古屋帯ともに塩瀬の染め帯がよく使われます。

塩瀬同様に軽やかさのある織り名古屋帯も使われます。

錦の袋帯なら、なるべく軽めのものをお選びください。

10月の帯揚げ・帯締め

冬と同じ綸子や縮緬の無地や絞りを用います。

帯締めは、平打ちや冠紐(ゆるぎ)を。

冠紐は一年を通じて使用できます。

10月の長襦袢

冬にも使える袖無双(袖口と裾の部分を袷に見えるように仕立てたもの、袷のように見せて胴の部分、袖口以外は単衣になります。)を。

10月の半衿と履物

塩瀬羽二重や縮緬のものを。

お履物はエナメルの草履を。