着物葵にご訪問ありがとうございます。
kimono

9月、薄物?単衣?秋の着物

着物 秋

すっかり涼しくなり、薄物では寒くなってまいりましたね。単衣にいつ変えてまいりましょう。

本日は、秋の着物のお話しです。

9月の着物

9月になりますと、大活躍だった浴衣や薄物とはお別れしまして、

単衣の季節になります。

帯も単衣になりますが、秋用の素材のものをお使いください。

薄物も初旬であれば着ていただけます。

■■ ■■

秋の着物の生地

秋の生地はといいますと、

塩瀬・縮緬などです。

残暑の残っている初旬は、薄物の絽を着用しても大丈夫です。
9月の中旬あたりから単衣にかえていきます。

■■ ■■

秋を感じさせる色

色は深みのある紺や薄墨、朱、黄土、淡茶など黄色みを帯びた色や温かみのあるお色を。

秋の絵柄

桔梗・すすき・栗・萩・月見・七草、虫籠・菊・女郎花・尾花・ワレモコウ、葛など

    

10月のお着物

10月になりますと単衣から袷になります。

初旬は、単衣から袷の狭間の時期となります。

あわせて読みたい
着物 秋
秋の着物の楽しみ方 ~10月の着物~秋はみじかいですが、9月は薄物~単衣、そして10月は袷になってまいります。 半袖から長袖に変えていくイメージですね。9月~10月初...

 

 

秋はとても短いですが、

少しの間だからこそ楽しみたいですね。

 

京都で50年の職人技 着物葵

着物葵※着物の京洗いなどのお手入れ、寸法直しなどのお直しはお任せください。

着物葵をご訪問いただきましてありがとうござます。

当店は、京都で、着物のクリーニングを中心にお着物のお直し、しみ抜き、仕立て直し、洗い張り等多種多様なあらゆる着物の加工をさせて頂いております。

加工に合わせて専門の職人に依頼しております。

着物葵はこちらからどうぞ。

着物葵ブログコンセプト

こちらでは、着物葵に関しても、京都、和、着物のことを幅広く楽しくお届けしたいおこちらを立ち上げました。ぜひ、こちらで日本文化である着物、京都、和を楽しんでいただけたら幸いです。

何か気になること、取り上げてほしいことなどございましたら、お問い合わせいただけたらと思います。

あわせて読みたい
着物お手入れ処 着物葵ロゴ
ご依頼・お問い合わせ 着物葵にご依頼、お問い合わせはご気軽にどうぞ。 着物について詳しくお知らせいただけますご依頼はこちらをご利用ください。 ...

 

■■ ■■

着物お直し・お手入れ処 着物葵ってどんなところ?

京都室町で50年以上の職人たちに、お客様のお着物の状態を見て専門とする職人に依頼いたします。

 

■■ ■■

着物葵でどんなことが出来るの??

お手入れ

  • 京洗い
  • シミ落とし

お直し

  • 袖丈直し
  • 身幅だし
  • 裄直し
  • 袖下カット(振袖のお袖を短くされる場合にご利用ください。)
  • 身丈直し
  • 八掛替え
  • 胴継ぎ
  • 比翼替え
  • 居敷当て
  • 衿付け直し

 

お仕立て

京都で50年の職人がお仕立ていたします。

その他

  • スジ消し
  • ガード加工
  • 紋入れ

 

 

お手入れやお仕立てなどお客様に合わせて詳細を聞いて、専門の職人がさせていただきます。

着物葵はこちらからどうぞ。