着物葵にご訪問ありがとうございます。
お直し

八掛け替え(はっかけ)

着物 八掛替え お直し工房

八掛(はっかけ)は着物の裾の裏側の部分のことです。

アンティーク着物などの古い裏側の部分のことです。

アンティーク着物などの古い着物などでのほころび、裂傷、袖口、裾が擦り切れていたり、汚れている方、色が派手で替えたい方、または、アイロン時のこげなどで交換が必要な場合にご利用ください。

八掛交換は、袖口、裾回し(前・後)、衿先裏、裏衽の八掛生地の部分すべてを交換します。

交換用の八掛生地が必要です。

お持ちでしたら、そちらをお送りいただきましてご相談させていただきます。

お持ちでなければ、こちらでご用意することができますので、ご相談ください。

同じ生地でなくても、色を変えても印象が変わり楽しめます。

※この加工で寸法の直しは行いません。

寸法直しも必要な場合、ご相談下さい。

この場合洗い張りをして仕立て直しをオススメいたします。

洗い張りはこちら。