着物葵にご訪問ありがとうございます。
お直し

居敷当て

着物葵 お直し 居敷当て

居敷当ては、着物や長襦袢などで単衣の着物では、しゃがんだり座ったりすることで腰部分の生地が痛むため、それを防ぐために装着します。

着物裏側の後見頃(衣類のみごろの後部分)の内揚げから裾の少し上までにつきます。

 

長襦袢の場合は、裏側の後見頃の内揚げから裾返しまで付きます。

日本舞踊や茶道をされる方をはじめ、正座での動作をされる機会の多い方は、生地の保護のため居敷当てをつけることをオススメいたします。

居敷当て用の生地をお持ちでしたら、そちらをお送りいただきまして相談させていただきます。

居敷当て用の生地をお持ちでない場合、当店でご用意できますのでご連絡ください。