着物葵にご訪問ありがとうございます。
kimono

着物でバイク 大丈夫??危険??対処法

着物でバイク

着物でバイクを乗っても、か大丈夫でしょうか?とお問い合わせをいただきました。

お客様
お客様
着物でどうしてもバイクに乗らなくてはいけないことがありますが、大丈夫でしょうか?
着物葵
着物葵
バイクでお着物を着て乗られるのはおススメできません。
どうしてものとのこと、バイクでお着物を着られるのであれば、万全を期して乗られることをオススメいたします。

バイクでお着物のデメリット

●バイクはスピードが速いので、風を受けるので袂や裾が広がってしまいます。
この袂が対向車に引っかかったり、周りのバイク、車、物に引っかかったりしてこけることや迷惑をかけてしまうことが考えられます。

●裾が広がると見かけもよくありませんね。

●ヘルメットをかぶらなくてはいけないので、髪型は崩れます。

●こけると確実に着物をダメにしてしまいます。

●草履をはいてのバイク乗車は禁止されているので、靴を履いて草履をもっていかなくてはなりません。(忘れずにお持ち下さい。)

●スクーターは乗るだけとはいえ信号待ちなど足をつけなくてはいけないので、着崩れは確実にします。

●雨の日の次の日などは水たまりなど泥はねなどがあります。

 

■■ ■■

バイクに着物で乗る対策

  • 袖や袂はクリップや洗濯バサミなどでしっかり止める
  • 袖にたすき掛けなどすると安心です。
  • 上にコート、下にレッグカバーなど履くと着物も守られ、見かけも着物と思われません。
  • 裾が広がった時のことを考えてスパッツやレギンスなど履かれると見えても?安心です。
  • 可能であれば着物を短く着れるといいですね。+靴はブーツですると相性はいいです。
  • バイクのスピードは落として段差のない道を選びましょう
  • 草履は別に持っていきましょう。くれぐれも忘れないようにお気を付けください。

 

夏にお着物でバイク

和装コート
袂・袖にクリップ(コーリンベルトで代用しても可)

長い前掛け(レッグカバー)・マキシ丈スカート

夏でも風を切りますので、前掛けもこの時ばかりは冬に使っていたレッグカバーを使われてもいいかもしれませんね。

冬にお着物でバイク

和装コート
袂のない羽織
洋物の少し大きめの上着(ロングコートだと着物だとわからないのでお勧めです。)

長い前掛け(レッグカバー)
マキシ丈スカート

 

■■ ■■

着物に合いそうなバイク

余談になりますが、着物姿で似合うバイクを挙げてみました。

『ベスパ(vespa)』ビンテージシリーズ/現行車種

ベスパクラシック引用:www.gasoline.com.au

『ホンダ ジュリオ(julio)』

ホンダジュリオ

引用:http://bsh141.seesaa.net/article/438840882.html

『ヤマハのビーノ(vino)』

ヤマハのビーノ

引用:https://www.goobike.com/catalog/yamaha/vino_3387.html

『ホンダトゥデイ』

ホンダトゥデイ

引用:https://bike.yahoo.co.jp/bcatalog/model_photo/1/1010557/0/7907/

 

着物で乗れる自転車もあるそうです。

バイクは危険を伴いますが、スカートでも着物でも乗れる自転車がありました。

着物で乗れる自転車があったそうです。

着物で自転車koto

引用:http://cyclee.me/post-835/

2013年に京都府自転車軽自動車商協同組合から着物でも乗れる自転車を

京都府自転車軽自動車商協同組合から塩野自転車の協力のもと、作られたそうです。

その名も「KOTO LX-20」。49,800円ほどで買えたそうです。

 

同じタイプ『ルイガノのSKUBY 1』も

2008年に発売され、今では販売終了になっているようです。

こちらは、中古販売でまだ買えそうです。

こちらは、¥ 86,400 + ¥ 22,050 (配送料)とお高めですが、安全とバイクを買うよりは少し休めなので買うことも検討に入れてもいいかもしれませんね。

 

着物でバイク・注意点と対処法のまとめ

 

着物でバイクまとめ
  • 袂、袖、裾はしっかり止めましょう。
  • 上からコートや前掛けでしっかり着物を守りましょう。
  • 草履は別に持ち、靴を履いて乗りましょう。
  • くれぐれも安全にお気をつけ下さい。
京都で50年の職人技 着物葵

着物葵※着物の京洗いなどのお手入れ、寸法直しなどのお直しはお任せください。

着物葵をご訪問いただきましてありがとうござます。

当店は、京都で、着物のクリーニングを中心にお着物のお直し、しみ抜き、仕立て直し、洗い張り等多種多様なあらゆる着物の加工をさせて頂いております。

加工に合わせて専門の職人に依頼しております。

着物葵はこちらからどうぞ。

着物葵ブログコンセプト

こちらでは、着物葵に関しても、京都、和、着物のことを幅広く楽しくお届けしたいおこちらを立ち上げました。ぜひ、こちらで日本文化である着物、京都、和を楽しんでいただけたら幸いです。

何か気になること、取り上げてほしいことなどございましたら、お問い合わせいただけたらと思います。

あわせて読みたい
着物お手入れ処 着物葵ロゴ
ご依頼・お問い合わせ 着物葵にご依頼、お問い合わせはご気軽にどうぞ。 着物について詳しくお知らせいただけますご依頼はこちらをご利用ください。 ...

 

■■ ■■

着物お直し・お手入れ処 着物葵ってどんなところ?

京都室町で50年以上の職人たちに、お客様のお着物の状態を見て専門とする職人に依頼いたします。

 

■■ ■■

着物葵でどんなことが出来るの??

お手入れ

  • 京洗い
  • シミ落とし

お直し

  • 袖丈直し
  • 身幅だし
  • 裄直し
  • 袖下カット(振袖のお袖を短くされる場合にご利用ください。)
  • 身丈直し
  • 八掛替え
  • 胴継ぎ
  • 比翼替え
  • 居敷当て
  • 衿付け直し

 

お仕立て

京都で50年の職人がお仕立ていたします。

その他

  • スジ消し
  • ガード加工
  • 紋入れ

 

 

お手入れやお仕立てなどお客様に合わせて詳細を聞いて、専門の職人がさせていただきます。

着物葵はこちらからどうぞ。