着物葵にご訪問ありがとうございます。
kimono

着物のシミ 取り方法!汚れがついたその場で出来る応急処置

着物 シミ取り

着物に汚れが付いてしまった!どうしよう!

着物にシミがついてしまったら洋服以上に慌ててしまいますね。

そんな時は、まずは落ちいて対処方法をきちんとすれば汚れは最小限に済み、その後も気持ちよく過ごすことができます。

まずはその場で出来る基本の対処法を知ることから始めましょう!

ただし、その場を乗り切るだけの対処法になりますので、帰ってから着物葵のような悉皆屋などの着物専門店にお持ちになって下さい。

お近くになければ宅配でお受けいたします。

あわせて読みたい
着物葵は悉皆屋。プロデューサーやコンシェルジュ的役割です。着物葵は呉服屋ではなく、悉皆屋さんです。 悉皆とは、「しっかい」と読み「みなことごとく」という意味で、着物のことならなんでもご相談...

 

着物のシミ取りをするときに絶対にしてはいけないこと!

着物が汚れた場合、シミにならないようにするために絶対にしてはいけないことです。

  • 『おしぼり』や『濡れたタオル』で拭かない!
  • こすらない
  • 熱を加えない!

着物が汚れるときはお食事をしているときが圧倒的に多いかと思います。

お食事している時に着物にぽろっと落ちた時、目の前にあるおしぼりで拭いてしまいがちではありませんか?

着物は濡れたタオルでこすることが一番してはいけないことです。

着物は水で縮むことがあり、擦るとスレの原因になります。

スレると職人でも修復が難しいものになります。

どんな汚れでもすぐに、決して『おしぼり』や『濡れたタオル』で拭かないください。

そして、血液などの汚れは熱を加えることで頑固な汚れに変身してしまいます!

絶対に熱湯やアイロンなどの熱を加えないでください!!

 

■■ ■■

着物のシミ取りをご自分でされる場合の注意点

こちらでは、ついてすぐの汚れの応急処置と帰宅されてからのお手入れ方法もご紹介していますが、こちらは自己責任になります。

着物の種類、状態、シミの状態、大きさなど全て把握したうえでお手入れください。

ついつい擦ってしまってスレになったり、シミが広がったりと逆にひどくなって、染み抜きが必要になり、かえって高くなることがあります。

シミの大きさが大きくなれば大きくなるほど値段は高くなります。

お気に入り御着物だったり、大事な御着物でしたら少しでも不安のある場合は着物葵のような悉皆屋か着物専門店にお持ちいただくほうが安心です。

まずは、着物についたシミの状態を知り、それに合わせてシミの取り方をお話させていただきます。

■■ ■■

着物のシミ取りは、汚れの種類で決まる!

汚れの種類によってシミ取りの方法が変わってきます。

これを間違えると逆にシミが増えてしまいます。

汚れの種類は大きく分けて5種類。

  • 水溶性の汚れ
  • 油溶性の汚れ
  • タンパク質の汚れ
  • その他の汚れ
  • 油溶性、水溶性が混じった汚れ

全てが混じった汚れもあります。

それぞれのシミ取り方法が変わりますので、とてもややこしいので、このような汚れが付いた場合は、着物専門店や悉皆屋にご依頼ください。

 

 

水溶性の汚れ:着物のシミ取り

水溶性ですので、水に溶ける汚れです。

水溶性の汚れは、ジュース、ワイン、醤油、ソース、お茶、抹茶などになります。

その場で出来る応急処置

水溶性の汚れですので、まずは汚れの水分をタオルにしみ込ませます。

※優しく押えてタオルにしみ込ませるようにします。

思わず擦ってしまいそうになりますが、優しく押えることがコツです。

 

ご自宅でのシミ取り

水分を含ませてもよい着物かどうかを確認していただき、

  1. シミの下にタオルを敷く
  2. シミの上に中性洗剤を15倍に薄めた洗剤を歯ブラシや綿棒などで優しく軽く叩きます。
  3. 水で洗剤が残らないように落とします。

※擦っては絶対にいけません。

※無理にすると色落ちの原因になったり、輪ジミの原因になります。無理のないようにお手入れしていただき、少しでも不安に覚えましたら、職人にお任せください。

 

 

油溶性の汚れ:着物のシミ取り

油溶性の汚れは、ファンデーション、口紅などの化粧品が多いです。

衿元などが一番汚れやすいのが、油溶性の汚れです。

油溶性というと分かりにくいですが、油性ペンを思い浮かべていただいたらよくわかるかと思います。

油性ペンの汚れは水では絶対に落ちません。

この油性の汚れはベンジンを使って落とします。

あわせて読みたい
着物の汚れをベンジンで落とす方法御着物って一度着てから洗濯機で洗えないですし、毎回クリーニングすると高額になりますのでなかなか出来ません。 かといって汚れることも...

 

その場で出来る応急処置

ティッシュなどでその汚れを着物を摘ままないように摘まんで取ります。

思わず擦ってしまいそうになりますが、優しく摘まみとることがコツです。

 

 

ご自宅でのシミ取り
  1. シミの下にタオルを敷く
  2. ガーゼなどにたっぷりとベンジンを含ませて汚れの外側から中心に向かって叩きます。汚れよりも広めの範囲で叩くことがコツになります。
  3. パタパタさせて乾かし、(乾きにくければ、冷風のドライヤーなどで乾かしてください。汚れが落ちているかチェックしいます。
  4. 汚れが落ちていなければ何度かくりかえします
  5. 汚れが落ちたら着物ハンガーにかけてしっかり乾かします。

※失敗すると色落ちの原因になったり、輪ジミの原因になります。無理のないようにお手入れしていただき、少しでも不安に覚えましたら、職人にお任せください。

 

 

水溶性と油溶性が混じった汚れ:着物のシミ取り

水溶性と油溶性が混ざった汚れです。

マヨネーズ、バター、チョコレートなどがこちらに当たります。

水で落ちない油溶性の汚れがありますのでその場で出来ることは少ないです。

ご自宅で自分でされる場合は、油溶性の汚れを落としてから水溶性の汚れを落としていきます。

その場で出来る応急処置

ティッシュなどでその汚れを着物を摘ままないように摘まんで取ります。

水溶性の汚れは、タオルなどで優しくそっと抑え汚れを吸い取らせます。

※優しく押えてタオルにしみ込ませるようにします。

思わず擦ってしまいそうになりますが、優しく押えることがコツです。

 

 

ご自宅でのシミ取り

水分を含ませてもよい着物かどうかを確認していただき、

  1. まずはベンジンで油溶性の汚れを落とします。
  2. シミの下にタオルを敷く
  3. ガーゼなどにたっぷりとベンジンを含ませて汚れの外側から中心に向かって叩きます。汚れよりも広めの範囲で叩くことがコツになります。
  4. パタパタさせて乾かし、汚れが落ちているかチェックしいます。
  5. 汚れが落ちていなければ何度か続けます。
  6. 油溶性の汚れが取れたら、水溶性の汚れを取ります
  7. シミの上に中性洗剤を15倍に薄めた洗剤を歯ブラシや綿棒などで優しく軽く叩きます。
  8. 水で洗剤が残らないように落とします。

※擦っては絶対にいけません。

※無理にすると色落ちの原因になったり、輪ジミの原因になります。無理のないようにお手入れしていただき、少しでも不安に覚えましたら、職人にお任せください。

 

 

タンパク質の汚れ:着物のシミ取り

血液のシミや卵、母乳、赤ちゃんのよだれになります。

生理時の血液の汚れが最も多いです。

タンパク質の汚れは、熱が加わることで汚れが固まってしまうので、シミが取れにくくなるので熱は加えないことが鉄則です!

その場で出来る応急処置
  1. ティッシュペーパーなどで軽く表面をぬぐいます。
  2. 冷たい水で固く絞ったタオルなどで汚れを軽くぬぐいます。
  3. 汚れが落ちるまで優しく続けます。
  4. 汚れが落ち着いたらやさしくタオルで水分を吸い取ります。

※叩くときは、シミの外側から中心に向かって叩きます。(内側からだとシミが広がって輪ジミの原因になります。)

 

ご自宅でされる場合、染み抜きできるのは当日の御着物だけになります。

それ以降に気づいたシミは、頑固なシミになっておりますのでご自宅でとるのは大変困難です。

着物葵など職人のいいる悉皆屋にご依頼ください。

 

 

ご自宅でのシミ取り

水分を含ませてもよい着物かどうか、色落ちしないかどうかを確認していただき、

  1. シミの下にタオルを敷く
  2. 中性洗剤を少量垂らした水をタオルで絞り、優しく叩きます。
  3. 水で絞ったタオルで洗剤が残らないように落とします。

※擦っては絶対にいけません。

 

 

その他の汚れ:着物のシミ取り

泥はね、ボールペンのインクの汚れ、花粉、カビの汚れなどです。

これらの汚れは、対処が難しく取りにくい事が多いので専門店や職人に任されることをお勧めします。

 

あわせて読みたい
着物葵お手入れ
着物に泥汚れ!お手入れ方法や送り方着物に泥汚れ。。。裾が長い御着物ですので汚れやすいですよね。 そんな汚れ、今回は泥がはねた『泥汚れ』についてお話いたします。 ...

https://kimono-aoi.com/new/contact/

 

 

着物のシミ取り:食事時についた汚れの応急処置

一番つきやすいのは、お食事時の汚れになります。

食事時にこぼしてしまうことは多々あります。

その際にできる応急処置をご紹介します。

応急処置なので、その場を乗り切るためのものなので、帰ってからのお手入れをお忘れなく、ご自宅で落ちそうになければ無理せず専門店、悉皆屋の職人にご依頼ください。

食事時に置いてある御絞りで拭きがちですが、決してご使用にならないでください。

それしかない場合、優しく押えるか拭う程度に収めてください。

 

 

着物にコーヒーや紅茶、お酒、ビールなどが付いた時の応急処置

まずは飲み物の汚れです。

飲み物は水溶性の汚れですが、コーヒーなど乳製品が含まれているので水溶性の汚れの応急処置だけでは落ちません。

応急処置をした後、ご自宅に帰られた際に汚れの状態をみて、シミが残っていたり汚れがひどい場合は、専門店や悉皆屋の職人にお任せください。

タオルやティッシュペーパー、柔らかい布を軽くあてて汚れを吸い取ります。

※擦らないようにご注意下さい。

水に濡らしても大丈夫な御着物でしたら、水をふくませたタオルで優しく叩いてください。

 

 

着物に食べこぼしなどが付いた時の応急処置

ソースや醤油、バターやクリーム、ミートソースなどがこぼした時など、

食べこぼしの汚れは、固形物に水分、油溶性の汚れが混じったものが多いです。

そのために処置は複雑になり、その場で出来ることは限られています。

応急処置としては、

汚れが複雑ですので直接シミを触ることができません。

着物についた固形物や盛り上がったものをティッシュなどで摘み取ることです。

※着物を摘み取らないようにご注意下さい。

水分のシミがある場合は、タオルで軽く押える程度にしてください。

油溶性の汚れがあるので、水分を含むお手入れをするとシミが広がってしまいますので、濡れたタオルなどでお手入れしないでください。

 

 

 

着物のシミ取りまとめ

着物のシミは、ついたときにその場でおさまる程度の応急処置で、基本は専門店にお任せ下さい。

ご自身でされる場合は、十分をお気をつけください。

着物のシミ取り
  • おしぼりなどでこすらない
  • 熱湯など熱でお手入れしない
  • あくまでも応急処置なので帰ってから、お手入れや悉皆屋や着物専門店に
  • ひどい汚れや汚れがのこっているようなら無理にお手入れせず、着物専門店や悉皆屋に。
  • 着物が汚れた時は、その汚れの特性を見てお手入れを判断

 

着物葵は、配達でお見積り、シミ取りができます。

あわせて読みたい
着物葵は悉皆屋。プロデューサーやコンシェルジュ的役割です。着物葵は呉服屋ではなく、悉皆屋さんです。 悉皆とは、「しっかい」と読み「みなことごとく」という意味で、着物のことならなんでもご相談...
京都で50年の職人技 着物葵

着物の事なら何なりとご相談ください。

ラインお友達追加

着物葵※着物の京洗いなどのお手入れ、寸法直しなどのお直しはお任せください。

着物葵をご訪問いただきましてありがとうござます。

当店は、京都で、着物のクリーニングを中心にお着物のお直し、しみ抜き、仕立て直し、洗い張り等多種多様なあらゆる着物の加工をさせて頂いております。

加工に合わせて専門の職人に依頼しております。

着物葵はこちらからどうぞ。

着物葵ブログコンセプト

こちらでは、着物葵に関しても、京都、和、着物のことを幅広く楽しくお届けしたいおこちらを立ち上げました。ぜひ、こちらで日本文化である着物、京都、和を楽しんでいただけたら幸いです。

何か気になること、取り上げてほしいことなどございましたら、お問い合わせいただけたらと思います。

あわせて読みたい
着物お手入れ処 着物葵ロゴ
ご依頼・お問い合わせ 着物葵にご依頼、お問い合わせはご気軽にどうぞ。 着物について詳しくお知らせいただけますご依頼はこちらをご利用ください。 ...

 

■■ ■■

着物お直し・お手入れ処 着物葵ってどんなところ?

京都室町で50年以上の職人たちに、お客様のお着物の状態を見て専門とする職人に依頼いたします。

 

■■ ■■

着物葵でどんなことが出来るの??

お手入れ

  • 京洗い
  • シミ落とし

お直し

  • 袖丈直し
  • 身幅だし
  • 裄直し
  • 袖下カット(振袖のお袖を短くされる場合にご利用ください。)
  • 身丈直し
  • 八掛替え
  • 胴継ぎ
  • 比翼替え
  • 居敷当て
  • 衿付け直し

お仕立て

京都で50年の職人がお仕立ていたします。

その他

  • スジ消し
  • ガード加工
  • 紋入れ

 

 

お手入れやお仕立てなどお客様に合わせて詳細を聞いて、専門の職人がさせていただきます。

着物葵はこちらからどうぞ。