着物葵にご訪問ありがとうございます。
kimono

秋の着物の楽しみ方 ~10月の着物~

着物 秋

秋はみじかいですが、9月は薄物~単衣、そして10月は袷になってまいります。

半袖から長袖に変えていくイメージですね。9月~10月初旬に薄長袖。

10月初旬~分厚い服に変えていくイメージですね。

着物は、10月~5月が分厚い長袖=袷になります。

10月になりましたら、暑い日もあるかと思いますが、単衣から袷に変えていきましょう。

あわせて読みたい
着物 秋
9月、薄物?単衣?秋の着物すっかり涼しくなり、薄物では寒くなってまいりましたね。単衣にいつ変えてまいりましょう。 本日は、秋の着物のお話しです。 9月の着...

 

 

10月の着物

10月~5月は、袷(あわせ)の着物を着用します。

袷の着物は、表地に裏地を縫い合わせて仕立てられ,

裏地は、着やすいようにすべりの良い羽二重(織物)などを用いて

裏身頃(うらみごろ)、裏袖、裏衿、裏衽(うらおくみ)を胴裏(どううら)、

裾の部分には裾回しや八掛(はっかけ)などに仕立てられています。

留袖・訪問着などは、表地と同じ共布(ともぬの:同じ生地の切地)で仕立てらます。

袷に仕立てないウールや木綿の単衣は、この季節に最適と思います。

10月のお色

秋の色は、実の色が好まれ、落ち着きのある朱系統、黄系統、茶系統、墨色、小豆色、朽葉色、茶系、黄土色、青紫などが多いです。

10月のお柄

菊(初旬から10/24の霜降頃まで)、とんぼ、紅葉(霜降以降)、銀杏、りんどう、すすき、紅葉、木の実、菊、蔦(つた)、落葉、稲穂、葡萄、柿、秋祭り、笛、太鼓、稲、雀、鳴子、葦(あし)、かりんなどです。

10月の生地

紬、お召し、綸子、縮緬を着用することが多いです。

10月の帯

織帯、縮緬の染め帯などが季節に調和します袋帯、名古屋帯ともに塩瀬の染め帯がよく使われます。

塩瀬同様に軽やかさのある織り名古屋帯も使われます。

錦の袋帯なら、なるべく軽めのものをお選びください。

10月の帯揚げ・帯締め

冬と同じ綸子や縮緬の無地や絞りを用います。

帯締めは、平打ちや冠紐(ゆるぎ)を。

冠紐は一年を通じて使用できます。

10月の長襦袢

冬にも使える袖無双(袖口と裾の部分を袷に見えるように仕立てたもの、袷のように見せて胴の部分、袖口以外は単衣になります。)を。

10月の半衿と履物

塩瀬羽二重や縮緬のものを。

お履物はエナメルの草履を。

 

 

 

京都で50年の職人技 着物葵

着物葵※着物の京洗いなどのお手入れ、寸法直しなどのお直しはお任せください。

着物葵をご訪問いただきましてありがとうござます。

当店は、京都で、着物のクリーニングを中心にお着物のお直し、しみ抜き、仕立て直し、洗い張り等多種多様なあらゆる着物の加工をさせて頂いております。

加工に合わせて専門の職人に依頼しております。

着物葵はこちらからどうぞ。

着物葵ブログコンセプト

こちらでは、着物葵に関しても、京都、和、着物のことを幅広く楽しくお届けしたいおこちらを立ち上げました。ぜひ、こちらで日本文化である着物、京都、和を楽しんでいただけたら幸いです。

何か気になること、取り上げてほしいことなどございましたら、お問い合わせいただけたらと思います。

あわせて読みたい
着物お手入れ処 着物葵ロゴ
ご依頼・お問い合わせ 着物葵にご依頼、お問い合わせはご気軽にどうぞ。 着物について詳しくお知らせいただけますご依頼はこちらをご利用ください。 ...

 

■■ ■■

着物お直し・お手入れ処 着物葵ってどんなところ?

京都室町で50年以上の職人たちに、お客様のお着物の状態を見て専門とする職人に依頼いたします。

 

■■ ■■

着物葵でどんなことが出来るの??

お手入れ

  • 京洗い
  • シミ落とし

お直し

  • 袖丈直し
  • 身幅だし
  • 裄直し
  • 袖下カット(振袖のお袖を短くされる場合にご利用ください。)
  • 身丈直し
  • 八掛替え
  • 胴継ぎ
  • 比翼替え
  • 居敷当て
  • 衿付け直し

 

お仕立て

京都で50年の職人がお仕立ていたします。

その他

  • スジ消し
  • ガード加工
  • 紋入れ

 

 

お手入れやお仕立てなどお客様に合わせて詳細を聞いて、専門の職人がさせていただきます。

着物葵はこちらからどうぞ。