着物葵にご訪問ありがとうございます。
お直し工房

七五三のお着物、お子様のサイズに合わせます!

すっかり涼しくなりましたね。

秋の陽気になってまいりましたね。。。

さて、秋といえば、七五三ですね。

もう夏に早撮りなど終わってる方もいらっしゃると思いますが、

七五三は、11月15日です。

毎年11月15日に3歳、5歳、7歳に達した子供に肌着を着せ、神社に幸運を祈願するために参拝する行事が「七五三(地域により『紐落とし』ともいう)」です。

この祝いの原型は次のような儀式から受け継がれたものと言われています。

三歳児の祝いの原型は、平安時代から行われていた「髪置き」「髪立ち祝い」といわれる男女とも髪を伸ばし始める儀式から。

五歳の祝いの原型は、平安時代の公家階級で行われていた初めての袴をつける「袴着」「着袴(ちゃっこ)」の儀式から。

七歳の祝いの原型は、室町時代ごろから行われていた「帯解き」「紐落とし」と呼ばれる、初めて帯を締める儀式からとされています。

現在のように七五三という奇数を重ねて呼ぶようになったのは江戸時代からで、庶民の間で祝うようになったのは明治時代からです。

引用:きもの文化検定

3歳、5歳のお子様のお着物姿、とても愛らしいですね。。。

どんな姿でもかわいらしいですが、やはりサイズが大きかったりするとこけたりするので、

小さいからこそ動きやすいことが重要で、

できればぴったりのサイズがいいですね。。。

七五三のお着物、サイズ直しできます。

既製品を買われる方も多いかと思いますが、いただくことも多いと思います。

その際に困りますのが、お子様に合わせてのサイズ直しですよね。

サイズ直しは、肩上げに裾上げになります。

家でされる方もいらっしゃいますが、やはり慣れない着物に針と糸。。。

出来る方は、ちょちょっと縫うだけよ!なんておっしゃいますが、職人に頼むと結構よいお値段になるのが、肩上げに裾上げ。。。

でも、やはり自分でするのは大変なのは事実ですので、なんとか職人さんにお願いして、価格を抑えていただきました。

気になる料金は??

襦袢とお着物合わせて。。。。
着物 3歳・5歳のお着物・・・・・・・・・・・・8,500円(税抜き)
着物 7歳のお着物・・・・・・・・・・・・・・・10,000円(税抜き)

 

■■ ■■

お子様のサイズの測り方

どうやって測るの?
  ご注文の際は、お子様の

☆首を前に倒した時に出るうしろの一番出ているぐりぐりから手のぐりぐりまでの長さ【   】
☆首を前に倒した時に出るうしろの一番出ているぐりぐりから足のぐりぐりまでの長さ【   】

を測ってお伝え下さい。

 

お子様のお着物でお悩みの方、なんなりとお気軽にご相談なさってくださいませ。

こちらが思っていなかったことでお悩みもうかがうことが多く、こちらも勉強になりますので、なんなりとお気軽にご相談いただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

また皆様のご意見、お聞かせくださいませ(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

着物葵にお問い合わせ